NHK漫才コンクール1

NHK漫才コンクールの記録 その1

 

※この辺りはパンフレットを未所有の上に、謎が多いので入選者のみを記す。何かご存知の方、資料をお持ちの方、ぜひとも情報提供をお願い致します。

※青空うれし氏によると、春のコンクールは「新作」、秋のコンクールは「十八番」という区分があったという。もっとも厳格な区分ではなく、春で十八番をかける人もいれば、秋で新作をやる人もいた、との事。

 

第1回 1957.3.2

優勝「世界旅行」 獅子てんや・瀬戸わんや

準優勝「西部へ行く」 リーガル天才・秀才

三位「美しき思出」 木田鶴夫・亀夫

四位「女日本史」 内海桂子・好江

 

「花嫁学校」 森信子・秀子

「僕の趣味」 光の家竜夫・竜子

「国電口説」 春日章・ちえみ

「私のラブレター」 大和ワカバ・東まゆみ

「美人運転手」 東和子・西〆子

「初恋物語」 春日淳子・照代


ゲスト 

都上英二・東喜美江

コロムビアトップ・ライト

 

第2回 1957.11

優勝「学生時代」 木田鶴夫・亀夫

準優勝 春日富士松・雪雄

三位 内海桂子・好江

 

東ハチロー・イチロー

 

第3回 1958.3

優勝 リーガル天才・秀才

準優勝 春日富士松・雪雄

三位 内海桂子・好江

 

第4回 1958.10

優勝「日本烈婦伝」 内海桂子・好江

準優勝「オートメーション?」 青空うれし・たのし

三位 大空平路・凡路

 

第5回 1959.3

優勝 大空平路・橘凡路

準優勝 東まゆみ・大和ワカバ

三位 美田朝刊・夕刊

 

第6回 1959.10

優勝「物言えば唇寒し」 直井オサム・大沢ミツル

準優勝「僕の趣味」 光の家竜夫・竜子

三位「我もし医師なりせば」 青空千夜・一夜

 

「結婚も楽し」 青空月夫・星夫

「お笑い瞼の母」 ベレーミヤオ・左キヨ子

「僕と君の彼女」 大空はるか・かなた

「三味線野崎小唄」 香川染團子・染千代

「鍵」 美田朝刊・夕刊

「オペラ・ゲラ椿姫」 大和ワカバ・東まゆみ

「脱線世界旅行」 春日章・ちえみ

 

 

第7回 1960.3

優勝「野球狂時代」 青空千夜・一夜

 

第8回 1960.10

優勝 美田朝刊・夕刊

準優勝 東まゆみ・大和ワカバ

三位 クリトモ一休・三休

 

第9回 1961.3

優勝 東まゆみ・大和ワカバ

準優勝 青空うれし・たのし

三位 クリトモ一休・三休


特別賞 春日淳子・照代

 

第10回 1961.10

優勝 クリトモ一休・三休

準優勝 東けんじ・宮城けんじ

三位 新山ノリロー・トリロー

タイトルとURLをコピーしました