「 息吹 ~大正から昭和ひと桁~ 」一覧

東京漫才の創設に関わった初期時代の漫才師たちの群像です。

大道寺春之助・天津城逸朗

大道寺春之助・天津城逸朗

大道寺春之助・天津城逸朗は戦前活躍した漫才師。野球やボクシングを取り入れたスポーツ漫才を創始し、東京漫才の花形として君臨した。春之助は戦後大江茂とコンビを組み、「凸凹ボップ・ホープ」と名乗った。

松鶴家千代若・千代菊

松鶴家千代若・千代菊

松鶴家千代若・千代菊は、戦前戦後に活躍した夫婦漫才師。「もう帰ろうよ」とボヤくほのぼのとした芸風でテレビラジオの人気者になったほか、松鶴家千とせ、東京太、ビートたけしの面倒を見た師匠分として有名である。

前田勝之助・隆の家百々龍

前田勝之助・隆の家百々龍

前田勝之助・隆の家百々龍は、戦前に活躍した夫婦漫才師。勝之助は、節真似で戦後の放送の人気を総なめし、一世を風靡した前田勝之助その人であり、百々龍は隆の家萬龍の妹。その名前の通り、浪曲節真似と音曲を得意とした。

荒川清丸・玉奴

荒川清丸・玉奴

荒川清丸・玉奴は戦前に活躍した夫婦漫才師。清丸は玉子家圓辰の門下で、長らく上方にいた。晩年小沢昭一たちに注目され、聞き書きがとられたが、事実誤認や誇大発言なども多く、どこまで本当なのかいまいち信じられない漫才師である。

大津検花奴・菊川時之助

大津検花奴・菊川時之助

大津検花奴・菊川時之助は戦前戦後に活躍した漫才師。花奴は、安来節の人気歌手としても活躍をつづけた。曲芸や安来節を取り入れた芸尽くしの漫才で、東京漫才の人気者の一組として君臨した。

桂喜代楽・愛子

桂喜代楽・愛子

桂喜代楽・愛子は戦前戦後に活躍した夫婦漫才師。戦前は東京、戦後は名古屋を中心に精力的な活躍をつづけた。喜代楽は古い漫才や芸をよく知っており、晩年はその貴重な証言者、演者として研究者や芸人たちから慕われることとなった。

玉子家利丸・松鶴家日の一

玉子家利丸・松鶴家日の一

玉子家利丸・松鶴家日の一は、コンビとしての上手さや漫才師の活動というよりも、多くの談話と芸を残したということから、その名を歴史に刻む事となったという異色のコンビである。

桂木東声・春風小柳

桂木東声・春風小柳

桂木東声・春風小柳 戦前戦後に活躍した漫才師。東声は弁士・噺家、講釈師を経て漫才師になり、小柳は東京日本橋の芸者出身。達者な芸と話術で、様々な漫才師に大きな影響を与え、吉本と新興演芸部の対立の火種ともなった人気者であった。

東喜代駒

東喜代駒

東喜代駒 東京漫才の元祖。1899.4.8~1977.10.10 群馬県館林市出身。東京人向けの漫才を創意工夫で作り上げ、漫才師でも一、二位を争う成功と先駆者的な活躍を見せた功労者である。市村座という劇場を貸し切って漫才師として初となる独演会を行った事を筆頭に、その功績は数限りなく大きい。